毎日の気になった情報を調査していきます

木多康昭がヒロミを批判?しまぶー(島袋光年)との関係は?

2018/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在、ヤングマガジンで『喧嘩稼業』を連載中の木多康昭先生ですが、大胆な下ネタ・パロディを多様する作風でも有名です。

もちろん、現在連載中の『喧嘩稼業』でも様々な時事ネタを取り扱っており、よく編集部にも怒られて書き直しをさせられていると、自身の単行本の巻末コメントでも語っていますw

 

さて、そんな木多康昭先生ですが、検索をすると「ヒロミ」という気になるワードが目につきました。

ヒロミと言われて最初に思い浮かべるのは、過去にお笑いトリオ「B21スペシャル」としてデビューし、現在も司会者やラジオパーソナリティ、果にはレーサーとして活躍しているマルチタレントのヒロミさんでしょうか?

 

今回は、ヒロミさんと木多康昭さんの関係について、調査しました。

早速、情報をシェアしたいと思いますので、ご覧ください!

Sponsored Link

 木多康昭とヒロミの関係は?

木多先生とヒロミの関係性は、過去作品で木多先生が作中において、ヒロミの芸風を批判したということがわかりました。

気になるその作品名ですが、週刊少年ジャンプで連載していた『幕張』です。

これは、木多先生の初の連載作品でもあります。

初の連載作品でも、そのブラックユーモアあふれる作風を存分に発揮していたという訳ですね…

木多康昭がヒロミを批判?

さて、木多先生は『幕張』においてどのような形でヒロミを批判したのでしょうか?

調査の結果、実際の連載時の画像を見つけました!

内容としては以下の通りです。

  1. ヒロミがTVに出演するコマが表示される
  2. 作中のキャラクターが「寒む」とヒロミの芸風を批判
  3. さらにヒロミのTV出演が続く
  4. ついにキャラクターがTVを消す
  5. 「もういいだろ、ヒロミは」と一言

こちらのサイトで確認できました。

木多先生の作中では、実名が想像できるギリギリのラインで批判しているイメージがあったのですが、ヒロミは実名で批判していますね、実名を出して批判することは珍しく、連載当時の時代の規制の緩さも一因でしょうか?

Sponsored Link

ヒロミを批判した話は単行本で読める?

残念ながら、単行本には収録されていません

ヒロミの批判回はクレームによって、単行本化の際に完全削除されてしまったそうです。

 

木多先生は後の連載『平成義民伝説 代表人』でも内容に問題がありすぎたため、初版以降に単行本が絶版になったという逸話もあります。

まさに、漫画家界の歌舞伎者といったところでしょうか。

木多康昭としまぶー(島袋光年)との関係は?

木多康昭を語るにあたって、忘れられないのが島袋光年先生(以下、しまぶー)との交流です。

週刊少年ジャンプでの人気連載『トリコ』も完結を迎え、今ノッている島袋先生ですが、実は過去に逮捕されています。

 

なんと、そのことを木多先生は『喧嘩稼業』の作中で幾度となくネタにしているんです。

木多先生いわく、「友達だから大丈夫」らしいですw

 

実際に単行本にも掲載されているので、本当にお2人は仲良しなんでしょうね!

まとめ

  • 木多康昭は『幕張』でヒロミの芸風を批判した
  • ヒロミの批判回は単行本化で完全削除され、今は見ることができない
  • 木多康昭は島袋光年を作中で何度もネタにしている
  • 木多康昭と島袋光年は仲良し

以上、木多康昭とヒロミの関係性についてのまとめでした。

ヒロミの批判回が単行本で削除されていたのは驚きですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 毎日使えるムダ知識情報の調査局 , 2018 All Rights Reserved.