目にコンタクトを入れる手術(ICL)とレーシックの違いは?費用はどっちが高い?

視力を回復させる手術であるレーシック。

近年になってやっと普及してきた、という印象ですが、最近ではICLというコンタクトを目に入れる手術も台頭してきています。

指原莉乃さんが受けたことでも一躍有名になりましたね!

 

今回はICLとレーシックの違いについて調べてみました。

※当記事は両手術の優劣を論ずるものではありません


ICLとレーシックの違い

一番の違いは角膜を削らないこと

ICLの一番の特徴は角膜を削らないことです。

レーシックは角膜を削ることでカーブを変え、近視などの眼の屈折異常を矯正する手術です。

一方、ICLはフェイキックIOLと呼ばれるレンズを角膜より内側に入れることで、屈折異常を矯正する方法を取ります。

角膜を削らないことのメリット

角膜は一度削ってしまったら戻すことの出来ない部分であり、それが原因でレーシックの失敗を恐れるひとも多いでしょう。

一方で、ICLでは不具合が応じた場合にはレンズを取り出す or 取り替えることも可能です。

手術のかなり後(例えば老後など)に問題が発生した場合にも、対応可能なのは魅力的ですね。

ドライアイの原因にならない

また、レーシックは患者の状態によって角膜の削る量が変化します。

そのため、人によっては角膜の知覚神経が刺激されることで、レーシックがドライアイの原因となる場合もありました。

ICLではその恐れがないため、必然的にドライアイとなることを避けることができます。

度数に応じたバリエーション

ICLで用いるのはレンズであるため、患者の症状や度数に対応した幅広いバリエーションが存在するのも特徴です。

レーシックの治療範囲外の度数にも対応しています。

費用はどっちが高い?

現在では、明らかにICLの方が高い費用となっています。

※どちらも両目を手術した場合の値段

  • レーシック:10万~30万
  • ICL:60万~100万

 

基本的にレーシックの2~3倍以上が相場となっています。

今後の研究が進めば、ICLの方ももう少しお値段のハードルが下がるかもしれませんね。

まとめ

  • ICLはレーシックと違って角膜を削らない
  • ICLは術後にも矯正可能
  • 手術費用はICLの方が高い

 

以上、ICLとレーシックの違いについてのまとめでした。

※当記事は両手術の優劣を論ずるものではありません

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


人気ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。