ちょうど切らしてた(定期)助かるの元ネタやは?BB素材が由来?

SNS上やVTuberの配信で見かける「ちょうど切らしてた」「助かる」というフレーズ。

なんとなく使っていましたが、このフレーズの元ネタってなんだ?と気になったので、

今回は「ちょうど切らしてた」「助かる」の元ネタや由来について調べてみました。


「ちょうど切らしてた」の元ネタ

「ちょうど切らしてた」の元ネタとされる動画はこちら。

吉川晃司と布袋寅泰のロックユニットであるCOMPLEXの曲である

「BEMYBABY」のMVに安部菜々と佐藤心の顔画像をコラージュした動画です。

いわゆる「クソコラ」と呼べるレベルのコラージュであり、シュールな笑いを誘う内容になっています。

 

過去にはカテゴリランキングで1位に輝いた動画で、元ネタの曲であるBEMYBABYの動画も人気が爆発しました。

さらにシャンプー「いち髪」のCMにも同曲が採用され、クソコラ動画のファンの腹筋に打撃与えるという事件も。

 

同動画では使用されているBB素材の配布コーナーが用意されていますが、

BBの切り抜きが雑だったり、使い所が全くわからないBBばかりのラインナップでした。

 

これらの使用用途が不明なBB素材対して「ちょうど切らしてた」とコメントが付き、他のコメントからは「何に使うんだ」と総ツッコミ。

 

ここから「ちょうど切らしてた→何に使うんだ」と返す定番の流れ(定期)が確立されました。

さらに、「シャンプーの詰め替えに使う」「部屋の掃除に使う」など、適当な用途をコメントする流れも同時に生まれています。

 

この誕生の経緯からわかる通り、この時点では「助かる」とは別物でした。

「助かる」の元ネタ

シャドウバースのローウェン

「助かる」が広く使われるようになったのは、シャドウバースが由来だと考えられます。

同作のキャラクターの1人でもあるローウェンのエモートの1つに「助かる」というセリフが存在

 

これが人気を博し、シャドウバース関連で感謝を表す際に使われることはもちろん

SNSで同作のR-18画像が投稿された場合にも「助かる」とリプライが付くといった使われ方をされていました。

公式でも同セリフがラインスタンプに採用されるなどネタにされています。

 

「助かる」が人気となった理由としてローウェンの声優である杉田智和が挙げられます

同氏はラジオや吹き替えで淫夢語録を多用するため「イキ杉田ホモ和」として淫夢厨に愛されており、

ネット上の一大勢力である彼らに「助かる」が使われたことも、ブームの一因となっています。

あにまーれ

もう1つの元ネタとして考えられるのがVTuberあにまーれの配信です。

因幡はねるの配信においてカルピスの話題が出た際に、チャット欄で宇森ひなこが「えっど」とコメント。

 

「えっどてなんですか?」という視聴者チャットに対して

なぜかWikipediaの江戸の解説をコピペして貼り付けるという謎の対応を披露しました。

 

さらに、その後の配信でも江戸の解説を投稿する江戸botと化し、

果てには「江戸の解説助かる」と自演のコメントを投稿

 

”江戸のWikipedia解説をコピペ→解説助かる”という一連の流れが確立しました。

なぜ「ちょうど切らしてた」と「助かる」が合体したのか

結論から言えば、両者が合体して使われるようになった経緯は不明です。

(正確な理由を知ってる方がいたら教えてください)

 

現在、主に使われているのはBB素材の配布に対して、そしてVTuberの配信におい。

BB素材の配布に対しては、先述の「BE MY BABY」のクソコラBBが由来だといえます。

 

VTuberの配信においては「くしゃみ」に対する視聴者のコメントが由来でしょうか。

配信中にくしゃみをして、視聴者に謝罪した際に、コメント欄が「気にしないで」などとフォロー。

そこから転じて

「くしゃみして欲しかった」→「くしゃみありがとう」→「ちょうど切らしてた、助かる」

とくしゃみを喜ぶ流れが生まれました。

 

現在ではVTuberの配信において、くしゃみ・失言からの照れ隠しの行動・言動など、

予期せぬ可愛さを体験できる出来事に対して「助かる」とする流れが生まれています。

まとめ

要点まとめ
  • 「ちょうど切らしてた」と「助かる」はもともと別の言葉
  • 「ちょうど切らしてた」はBEMYBABYのアイマスBBが元ネタ
  • 助かるの元ネタはシャドウバースかあにまーれ?
  • 幅広く使われることで両者が合体した?

以上、「ちょうど切らしてた」「助かる」の元ネタや由来についてのまとめでした。

間違いなどあれば、ご指摘していただけると助かります。