シグマ隊長サスガダァ・オカラダノホウハ元ネタは?部下のセリフが素材?

ロックマンXの動画に登場する

「サスガダァ」「オカラダノホウハ」というコメント

シグマが登場するシーンでは必ずと言っていいほど見かけます。

 

シグマに関係することは予想できるものの、結局元ネタって何?という方もいるのではないでしょうか?

 

今回はロックマンX動画に登場する「サスガダァ」「オカラダノホウハ」の元ネタについてまとめていきます。

(実際のコメントで使われるものは半角表記が多いですがこの記事では全角表記しています)


サスガダァの元ネタ

サスガダァの元ネタは

ロックマンX4のゲーム内ムービーにおける部下のセリフ。

 

この部下はシグマの回想シーンに登場しており

当時最強のハンターとして名を馳せていたシグマが

イレギュラーとして危険視されたゼロを単身討伐に向かった後

勝利して出てきたシグマを出迎えた時に発したセリフです。

 

以下、該当シーンにおける全文

 

 

元ネタシーン全文

シグマ隊長だ!流石だぁ

隊長にかなうレプリロイドなどいるわけが…

あっ!(シグマの負傷に気づく)

隊長、お体の方は?

 

 

こちらのセリフが全て半角カタカナ表記にされ

「サスガダァ」「オカラダノホウハ」としてスラング化しています。

 

半角カタカナ表記にされる理由は、あまり滑舌がよくないため。

滑舌が悪く半角表記される代表であるオンドゥル語と同じ扱いですね。

 

ワイリーマークが浮き出たゼロを殴ってしまったことで

シグマがイレギュラー化してしまったことを暗示させるようなシーンであり

作中において割と重要なムービーだったり。

 

該当シーンについてはこちらの動画で見れます。

ブームになった理由

ぶっちゃけこのセリフを発する部下はX4のムービーで登場するちょい役であり

もともとはそこまで注目されていませんでした。

 

これらのセリフが流行った要因として

ゼEROシリーズというロックマンXを題材としたMADシリーズが挙げられます。

 

基本的にはシモネタを中心に様々なネタを取り扱った大型シリーズで

ロックマンXMADブームの火付け役といえる存在でしょう。

 

ちなみに、シグマが単身ゼロの討伐に向かうシーンの部下のセリフ

「タイチョウミズカラガ?(隊長自らが?)」も割と人気であり

シグマの後ろ姿を見て「プリケツダァ」とコメントするのも様式美と化しています。

まとめ

要点まとめ
  • サスガダァの元ネタはX4のムービー
  • ムービー内でシグマの部下が発したセリフが由来
  • ゼEROシリーズがブームの火付け役

以上、ロックマンXに登場する「サスガダァ」「オカラダノホウハ」の元ネタについてのまとめでした。


人気ブログランキング