Excelのショートカットキーをさらに便利に設定する方法とは?

仕事において、特に重視すべき要素は「時間」ではないでしょうか。

時間を確保することで、サボる他の作業をすすめる時間も確保できる/納期も守れる、とメリットしかありません。

 

しかし、他の人の仕事を観察していると、予想以上に効率の悪い作業をしている方が多いです。

中には、いちいち右クリックをしてからコピー・貼付けを選択している人もいるほど。

 

上記のような一部の例外の方は置いておいて…

ExcelやWordを使っている際、コピーや貼り付けのショートカットキーをが使いにくいと思ったことはないでしょうか?

ましてや、「形式を選択して貼り付け」(Ctrl+Alt+V)などを多用する場合、異様に指が疲れると感じたことがあると思います(少なくとも俺はあります)

そこで、自分が使っている各ショートカットキーをワンボタンで使うことのできるツールを紹介します。


LogicoolのゲーミングマウスG600

 

ゲーミングマウスと聞いて、ご覧になった半数の方は幻滅したかもしれませんね。

しかし、実際に使ってみると、デスクワークにおいてこそ、真価を発揮するデバイスなんです。

メリット

このマウスはサイドに4*3の計12個のボタンがついており、キー入力を割り当てることができます。

この機能を活用することで、コピー・貼り付けや「形式を選択して貼り付け」などを片手で操作可能になってしまうんです。

 

また、マウスのホイールを左右に倒す操作に「進む/戻る」の操作を割り当てることが可能なので

いちいちブラウザーの戻るボタンや、ショートカットを活用していた方にはかなりの時間短縮になります!

割り当てるキー入力の例

何個か例をご紹介します。

どれか一つでも、キーボードで操作するのが面倒だと思ったことはないでしょうか?

該当した人は、騙されたと思って試してみてください。

  • コピー
  • 貼り付け
  • Shift(押しっぱなしでキーボード操作と併用)
  • F5
  • Del(ファイルの削除)

▼サイドボタンのバックライトの色も調整可能(もちろん消すことも可)

デメリット

重い

普通のマウスに比べて重いです。

慣れれば逆に普通のマウスの重さで満足できなくなります。

実際に使ってみて

仕事がら1日中WordやExcelをいじっていることが多いため、始業から定時までの8時間労働内で、30分/日は少なくとも短縮できています。

 

たった30分であるが、されど30分。

30分あれば出来ることは意外と多いです。

  • 他の仕事にとりかかる
  • ネットサーフィンをする
  • アニメを見る
  • ソーシャルゲームで遊ぶ
  • 飯を食う

実際、仕事中に出来ることとなれば、更に絞られますが

時間に余裕ができれば、仕事のストレスも減ること間違いなし。

 

さらに、30分短縮が月~金の5日間続けば、1週間で2時間半もの自由時間を確保することができるんです。

2時間半あれば、本の一冊でも読む時間が確保できてしまうんです

コスト

紹介したG600は古い型なので、今はリメイク版のG600r/G600tなどが市場に出回っています。(性能に大した差はありません)

時期にもよりますが、Amazonで5500~6500円程度で購入することができるはずです。


MMO ゲーミングマウス ロジクール G600t ボタン20個搭載 最高8,200dpi

総評

10000円で毎日30分の時間が確保できることを高いと見るか、安いと見るかは人によりますが

デスクワークのストレスがかなり改善されるので、実際に買ってみて試してください!


人気ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。