HSReplayプレミアムの使い方やメリットは?課金方法についても

HSReplayはハースストーンの大手データ統計サイトです。

非常に便利なのですが、英語なので使い方やデータの見方がわからないといった意見もあるようですね。

↓HSreplayへアクセス↓

今回はHSReplayの使い方や課金方法について、プレミアムを使ってみた感想なども交えてご紹介したいと思います。

Sponsored Link


メタデータ

データの見方

メタデータでは、現在使用率の高いデッキタイプとそれぞれの勝率を確認することができます。

データの見方は単純で、現在使われているデッキタイプを勝率順に並べたものになっています。

以下は2018/6/8時点での直近1週間のメタです。

 

上に位置するデッキほど、現在の勝率が高いというわけですね。

個別のページではマッチアップごとの相性も確認可能です。

>>マッチアップのデータの見方についてはこちら

 

主な使い方としては、ラダーにおける使用デッキ探しでしょうか。

基本的にはラダーで勝ちたい場合には、メタ上位(Tier1)のデッキを使用するか、メタ上位デッキに強いデッキを選ぶことになります。

プレミアム機能:ランク帯フィルター

メタデータを見るにあたって、自分のランク帯に合わせた勝率が見れるようになるのは重要です。

コンボデッキやコントロールデッキは低ランク帯だと勝率や使用率が低くなる傾向がありますし、レジェンド帯では勝率の高いデッキに強いデッキがメタ上位に君臨していたりします。

先ほどの画像に、レジェンド帯でフィルターをかけてみたのが、以下の画像です。

 

Tier1から偶数シャーマンと招集ハンターが消えてマーロックメイジが出現しましたね。

マーロックメイジは直近で第頭してきたデッキで、その影響がメタにも現れています。

 

このように、メタはランク帯によって大きく変わることがあります。

例えば、レジェンドでコントロールデッキが多い場合はコンボデッキが多くなりがちです。

しかし、ランク10ではアグロデッキが溢れかえっているなんてこともあります。

そのことから、ランク10のプレイヤーがレジェンド上位デッキをコピーしたら、アグロデッキにボコボコにされたなんて悲劇も起こりうるのです。

プレミアム機能:サーバー別フィルター

メタデータをサーバー別にもフィルターできます。

もちろんランクフィルターと組み合わせて利用することも可能です。

結構サーバーごとにメタが異なるので、暇つぶしに見ていても面白いですね。

特にレジェンド帯が顕著で、NAとアジアで大きくメタが違う、なんてこともあります。

 

しかし、これは統計データが少ないことも原因であるので一概には言えないです。

1日でメタが移り変わることも多いので、参考程度にしておく方がメンタルに優しいと思います。

Sponsored Link

マッチアップ

データの見方

マッチアップでは各デッキごとの相性を確認できるデータです。

縦軸のデッキの横軸のデッキに対する勝率が表示されます。

 

ラダーでの流行デッキに強い隠れたデッキを探したり、大会構成の参考にするのが主な使い方でしょうか。

メタデータで上位にいたデッキタイプ数種に対して、高い勝率を出しているデッキを使うことで効率的にランクがあげられる可能性があります。

プレミアム機能:ランク帯フィルター

メタデータと同じなので説明は省略します。

プレミアム機能:サーバー別フィルター

メタデータと同じなので説明は省略します。

マリガンガイド

各デッキのページで確認できるマリガンガイドです。

データの見方

新しいデッキを使うときに特に悩むのがマリガンです。

たまにキープする・しない論争も巻き起こっていますよね。

意外とフィーリングでマリガンしている方も多いのではないでしょうか?

そんなマリガンの悩みを一発解決してくれるのが、このマリガンガイドです。

 

各項目の意味は以下の通りです。

実際によく確認するのはMulligan WRKeptの2つです。

Mulligan WR

初期手札にこ該当カードがあった試合の勝率です。

マリガン前後にかかわらず、開始時の手札に含まれていれば判定されます。

Kept

マリガンでキープされている確率です。

数字が高いほどキープ率が高いというデータになります。

Dawn WR

カードをドローした試合の勝率です。

どのタイミングかは考慮されないので、あまり参考にはなりません。

Played WR

カードをプレイした試合の勝率です。

プレイする場面は考慮されないので、こちらもあまり参考にはなりません。

Turns held

カードを手札に抱えたターン数です。

カードを引くタイミングとマナ次第なので、あまり参考にはなりません。

Turns played

カードがプレイされた平均ターンです。

基本的にカードのマナに集約するので、あまり参考にはなりません。

データの見方の例

今回は参考に招集ハンターのデータを見ていきます。

例えば、ウーズリンクのマリガンキープは47.1%なのに対して、勝率は58.6%と非常に高いです。

このデータから招集ハンターはウーズリンクをキープした方が勝てることが読み取れます。

プレミアム機能:ランク帯フィルター

低いキープ率に対して、勝率が高いカードは特定の条件下でのみキープされており、その場合のみ勝率が高いのではないか、という仮説も立てられます。

そこで役に立つのが、プレミアム機能のランク帯フィルターです。

 

試しにランクをレジェンド帯に絞って見た際のキープ率はなんと55.3%に跳ね上がり、勝率も56.7%と高水準を記録しています。

つまり、デッキの扱い方をわかっている上位プレイヤーほど、ウーズリンクのキープ率が高いというわけですね。

このデッキの勝ち筋はウーズリンクに集約されておりマストキープであるということがデータとして担保されているのです。

プレミアム機能:相手ヒーロー別フィルター

ウーズリンクのマリガンに対して、「アグロにはキープしない」と私は考えています。

この仮説もプレミアム機能である「対戦相手別のフィルター」を用いることでデータで確認することができます。

下の画像は現在、奇数・偶数・マーロックのアグロ~ミッドレンジ型しか存在しないと考えられるパラディンに絞った場合のマリガンデータです。

ウーズリンクのキープ率はなんと20%台に低下しており、勝率も35%台と非常に低いことが読み取れますね。

統計データだけだと、ウーズリンクはマストキープのように思えましたが、実はアグロ相手には絶対キープしてはいけないことがクラス別のマリガンデータからわかりました。

逆に、巨大ミニオンの処理が苦手なドルイドについてはウーズリンクのキープ率は高いです。

(画像のデータは統計量が少ないので確実に正解だとは言い切れませんが、データ利用の例としてご紹介します)

リプレイ

サイト名の通り、自分の試合を記録してリプレイを再生することができます。

※試合の記録には、DeckTrackerとの連携が必要です

負けてしまった試合のミスの発見や、リーサルパズルらしき盤面の答え合わせなど、多種多様な使い方ができます。

もともとHSReplayはデータ統計サイトというよりも、こちらの機能がメインのサイトでした。

プレミアムについて

使用感

値段相応に便利で満足しています。

色々なデータがあるので、見ていて飽きないのもよいですね。

特にマリガンデータは重宝しています。

自分のプレイとデータで答え合わせが出来るのも面白いです。

メリット

なんと言っても各フィルタリング機能に尽きます。

マリガンのキープ率は、招集ハンターでもご紹介したようにランク帯で大きく変化する場合があるため、正確なデータを見るためにはフィルタリングは必須でしょう。

また、完全に個人的な理由ですがデータという後ろ盾があれば、カウンターキューで負けても少し穏やかになれる気がします(なれない)

デメリット

デメリットは月額500円ほどの課金が必要なことに尽きます。

プレミアムでなくとも、(フィルタリングは不可ですが)各データを確認することは可能です。

私は500円という値段に満足していますが、500円の価値をデータに感じられるかどうかが判断基準になると思います。

そもそもデータを見るのが好きではない、カジュアルにハースストーンをプレイしている方などには価値がないかもしれません。

課金方法

課金方法はクレジットカードとPaypalの2種類です。

料金プランは1ヶ月4.99ドル6ヶ月25.00ドルの2種類があります。

要するに半年課金すると1ヶ月分無料になりますが、とりあえずお試しで使うなら1ヶ月で良いと思います。

プレミアムの解約はアカウントの設定画面から、いつでも可能です。

まとめ

以上、HSReplayの使い方や使用感についてまとめてみました。

まだまだ使いこなせていない部分もあるとは思いますので、間違いなどあれば指摘してもらえると助かります。

この記事で興味を持ったら、是非HSReplayを利用してみてください。

↓HSreplayへアクセス↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

2 Comments

kinmugi

質問よろしいですか?
私もhsreplayをよく利用しているのですが、他人の試合の過去のリプレイ(1週間前など)を見たいと思っています。プレミアムに入会すればそれを見ることができるようになりますか?良ければ教えてください。

返信する
管理人

私が確認した限りでは、自分のリプレイは履歴から好きなだけ視聴できますが、他人のリプレイの検索機能などはありません。
データでは保存されているので、見たい人(他人)に自身のリプレイへのリンクをシェアして貰うしかないようです…(これはプレミアム登録は不要です)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。