【FF14】新生エオルゼア(2.0)のメインストーリー振り返り解説まとめ【ダイジェスト】

FF14のメインストーリーってかなり長いんですよね…

復帰勢やスキップ勢はもちろん、ストーリーの大筋でさえ後で見返そうと思うと結構な重労働です。

 

さらに、2.0のストーリーはお世辞にも面白いとは言えないものなので、スキップしてしまった人も多いかと思います。

 

自分はスッキプ勢だったのですが5.0に向けて勉強しようと思ったところ

身内に聞いても誰一人としてストーリーを理解していなかったので、同じ状況の方に向けて簡単にまとめてみました。


新生エオルゼアメインストーリー解説動画

文章を読むのが面倒くさい!って方は

youtubeに動画をアップしているので、こちらをどうぞ。

※エオルゼアのストーリー解説から再生されます

 

OP~暁の血盟との出会い

メテオが落ちる寸前にルイゾワによって転送され、生き延びた光の戦士。

しかし、第七霊災の影響でエオルゼアの人々の記憶はおぼろげ…

光の戦士のことも覚えていませんでした。

 

新人冒険者として扱われ、お使いを繰り返す中で、仮面の男(アシエン)と交戦。

エオルゼア救済を目指す組織「暁の血盟」の協力で彼を倒します。

エオルゼア三国同盟の結成

アシエンを討伐した功績を認められ、

領主の代理として各国へ親書を届ける役を受けます。

 

親書の内容とは、帝国の侵攻に備えた3国の同盟について。

光の戦士のお使いによって、無事同盟が結成します。

 

これでいつ帝国が攻めてきても安心と思いきや

3国が敵対する各地の蛮族との問題を解決させられます。

 

それと並行して「暁の血盟」に勧誘されることに。

暁は各国に顔が利くので、動きやすくなるとのこと。

 

結局、光の戦士は暁に所属してしまったことで

冒険者という枠を越えて、各国の問題解決にパシられることになります。

 

そして「暁の血盟」のアジトこそ、悪名高き砂の家

お遣いの頻度に対するアクセスの悪さから、多くのプレイヤーのヘイトを稼ぐことになりました。

蛮神との戦い

蛮族問題を解決する中で、イフリート・タイタン・ガルーダの3体を討滅。

しかし、蛮族の最後のあがきで3蛮神が復活します。

 

そこに現れたのが帝国の軍団長ガイウスとアルテマウェポン

彼はアルテマウェポンの力で3蛮神を吸収し、最強の兵器が誕生しました

帝国との直接対決

各国の領主はアルテマウェポンを危険視し、ガイウスとの直接対決を決意します。

 

帝国基地へ殴り込み、リットアティン・リウィア・ネロの3隊長を撃破。

ガイウスとアルテマウェポン、その後ついでに出てきたアシエンも倒して、エオルゼアに迫る危機を救いました。

 

 

そして、アシエンこそ今回の事件の黒幕であり、各地で蛮神の情報を流したり、帝国の手助けをしていたことがわかります。

こうして光の戦士は帝国だけではなく、アシエンとの戦いに身を投じていくことになります。

 

ここまでが2.0のストーリー。

エオルゼアの内紛に振り回される

その後はエオルゼア内の地下組織や内紛に関する話が中心。

暁の血盟はモードゥナの石の家に本拠地を移し、同志を集めていきます。

 

リヴァイアサンを倒してリムサを、シヴァを倒してイシュガルドを助けたりと大活躍。

力を失い、指名手配犯になってしまう

しかし、全ての竜の始祖であるミドガルズオルムに「試練」として力を封印され、光の加護を失うことに。

 

さらに悪いことが重なり、ウルダハの上層部にハメられてナナモ様を殺害した犯人にされてしまいます。

 

指名手配犯となった光の戦士たちは

交流を深めていたイシュガルドへ一時的に身を寄せることを決めたのでした。

蒼天のイシュガルド(3.0)へ続く

2.0シリーズのストーリーを簡単にまとめると

エオルゼアを救い英雄となったハズが、内紛に巻き込まれて指名手配犯になり亡命する

という踏んだり蹴ったりの内容となっています。

 

正直に言って2.0のストーリーはお使いばかりで理不尽な展開が多いので、かなりつまらないと思います。

実際、評判も悪いですしね。

 

>>蒼天のイシュガルド(3.0)メインストーリー解説へ

【FF14】蒼天のイシュガルド(3.0)のメインストーリー振り返り解説まとめ【ダイジェスト】

 

>>紅蓮のリベレーター(4.0)メインストーリー解説へ

【FF14】紅蓮のリベレーター(4.0)のメインストーリー振り返り解説まとめ【ダイジェスト】

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


人気ブログランキング