まねきケチャの名前の由来は?ケチャとはどんな意味?

アイドルグループまねきケチャ。

2017年に『どうでもいいや/ありきたりな言葉で』でメジャーデビューを果たし、今もなお波に乗っているグループです。

メンバーそれぞれにテーマカラー、そして属性が設定されていることも大きな特徴ですね。

そんなまねきケチャですが、ケチャってどういう意味なんだろう…と思う方も多いようです。

恥ずかしながら、私も最初はケチャップ?などと思っていました。笑

 

今回はまねきケチャの名前の由来についてまとめていきます。


まねきケチャの名前の由来

まねきケチャの名前は「まねき」と「ケチャ」に由来しています。

「まねき」はみなさんもよくご存知な「まねき猫」から取られたもの

 

 

まねきケチャをプロデュースしている団体である日本ツインテール協会の会長である古谷完さんは

グループの結成理由について

「多角化するアイドルシーンに、既存の”萌え”を超えた “福”の世界を届けたい」

と語っています。

 

まねき猫は福をもたらす幸運の象徴であり、

まねケチャの「まねき」も語源の通り、福をもたらすことを目指してつけられた名前です。

 

では、もう一つの由来である「ケチャ」はどういった意味なのでしょうか?

これについては次項で解説していきます。

ケチャの意味

ケチャの元ネタ

「ケチャ」とはアイドルライブにおけるヲタ芸の一つです。

つまり、まねきケチャを直訳すると、福を呼ぶヲタ芸という意味になります。

 

「ケチャ」はライブ中にステージ上のアイドルに向かって手やペンライトを振り、崇めるような動作を指します。

相手を崇めるその動作は、推しアイドルへの愛情表現をするための最もスタンダードな動きともいえます。

 

ケチャが最も輝くと言われているのが、落ちサビと呼ばれるパート。

落ちサビとはサビと同じメロディを使いつつ、音量は極端に下げたパートのことです。

曲調は盛り上がりを見せる一方で、静かなパートであり、その分ボーカルを目立たせることになります。

全力で熱唱する推しを崇めるために、ファンも全力を注ぎます。

ケチャの語源

「ケチャ」の語源となっているのが、インドネシアのバリ島を中心に行われている伝統的な舞踏である「ケチャ」

ケチャはあぐらをかいて地面に座り、大合唱に合わせて両手を上げて崇めるような動作をします。

これをモチーフとしたのが、ヲタ芸のケチャです。

 

ケチャは別名ロミオとも呼ばれており、ハロヲタ(ハロー!プロジェクトのファン)の通称はこちらです。

本来のケチャは片手で行われており、ロミオがジュリエットに求愛する動作に似ていることから、その名をつけられたそう。

それを見た誰かが、バリ島のケチャに似ている!として現在の呼び名が浸透したと言われています。(諸説あります)

 

 

 

今回ご紹介した一般的なケチャの他にも、手をパンと叩いて崇める「パンケチャ」などの亜種も存在しています。

ケチャの動画

こちらがヲタ芸のケチャの動画です。

細かい違いはあるようですが、両手を上げて崇めるような動作、というのは伝わるかと思います。

 

 

 

こちらがは元ネタであるケチャの動画。

確かに両手を上げてヒラヒラと揺らす動作がありますね。

まとめ

要点まとめ
  • まねきケチャは「まねき」と「ケチャ」を語源とする
  • 「まねき」はまねき猫に由来
  • 「ケチャ」はヲタ芸の一種

以上、まねきケチャの名前の由来についてのまとめでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!