コンマイの元ネタや意味とは?コンマイ語・調整中の由来は遊戯王?

『パワプロ』『メタルギア』『遊戯王』

KONAMIのゲームはみなさん一度は触れたことがあるかと思います。

 

そしてネットでKONAMIのゲームの情報を収集していると目につくのが

「コンマイ」という呼称です。

 

かなり知名度が高い呼び方ですが

なぜ「コンマイ」と呼ばれるようになったのかについては意外と知られていません。

 

 

今回は「コンマイ」の元ネタや、派生語の意味についてまとめていきたいと思います。


コンマイの意味

「コンマイ」とはゲーム会社であるKONAMIを指すネットスラング。

主にKONAMI製のバグや誤植を含んだゲームを揶揄する際に使われます。

 

そこから転じてクソゲーを生み出したり、経営面でもミスなどを馬鹿にする使い方もあります。

使い方からもわかる通り、基本的には蔑称として用いられていますね。

コンマイの元ネタ

コンマイという呼称が生まれたのは

同社のアーケードゲームである「ドラムマニア」と「ギターフリークス」において「KONAMI」を「KONMAI」と誤表記してしまったことが原因。

 

この誤表記はゲームとポータルサイトの連携についての説明画面という大変目立つ箇所で表示されたため、

またたく間にユーザー間で話題となってしまいました。

繰り返される誤表記

しかし、コナミはこの誤表記から何も学ばなかったのかその後も自社製品で誤表記を連発。

むしろ新たな誤表記を生み出してネタを提供してくれる始末でした。

コンマイさんの誤表記伝説

  • 「コネミ」(カタカナでも誤表記)
  • 「KOANMI(コアンミ)」
  • 「KOMANI(コマニ)」
  • 「KOMAMI(コマミ)」
  • 「KOMNAMI(コムナミ)」
  • 「KONANI(コナニ)」
  • 「KONMI(コンミ)」

「コンマイ語」の意味や使用例

コンマイから転じて生まれた言葉として「コンマイ語」というネットスラングが存在します。

「コンマイ語」が主に使われているのは、遊戯王オフィシャルカードゲーム(OCG)において。

遊戯王OCGの複雑かつ未調整のルールを揶揄する言葉です。

 

 

運営期間が長くなるに連れ、新しい効果や処理が誕生することはカードゲームの性でしょう。

しかし、「コンマイ語」という言葉が生まれた原因はコナミ公式の対応の悪さが原因です。

 

遊戯王OCGは処理効果が複雑でわかりにくいカードが多数存在します。

しかし、その処理について公式に質問をしても、適当な返答しか返ってこないという有様。

テストプレイをしているか疑わしいレベルの回答を揶揄して「コンマイ語」と呼ばれるようになりました。

コンマイさんの珍ルール

  • 質問しても「調整中」
  • 回答を差し上げることができません(回答拒否)
  • カードに書かれてない処理がある
  • 基本ルールでもわかりにくい処理がある
  • そもそもルールをまとめた資料がない

「調整中」とは?

「調整中」とはコンマイ語と同様に、遊戯王OCGで使われる言葉。

遊戯王OCGのルール設定におけるコナミのテンプレ回答を揶揄したネットスラングです。

 

カードの処理について公式について質問をすると「調整中」と返答されることに由来します。

(調整してから発売して…)

 

 

そして、遊戯王OCGにおいては「調整中」のカードが非常に多く存在します。

さらには数年単位で調整中なこともある上、処理が変更される場合まであるんです。

酷いときには大会中に処理が変わったという逸話もあるとか…

 

この適当さ加減がネタにされ「コンマイ語」と「調整中」という言葉が使われるようになりました。

それが「コンマイクオリティ」

「コンマイ」という蔑称が定着した結果

『現代用語2008』にも「コンマイクオリティ」という言葉が掲載されるにいたりました。

 

「コンマイクオリティ」とはKONAMI製ゲームの誤植・バグやクソゲーっぷりを指す言葉

東急電鉄のキャッチコピーである「それが、東急クオリティ」を改変したものです。

 

 

当時は特定企業の製品に対して(主に揶揄する意味で)「それが、〇〇クオリティ」と表現するスラングが流行っていました。

そしてこれが誤植・バグを意味する「コンマイ」とベストマッチ。

「それが、コンマイクオリティ」という言葉が生まれてしまいました。

 

 

正直「コンマイ」とほぼ同じ意味を持っており、文章のリズム感で使い回す感じですね。

基本的には使いやすい「コンマイ」が使用されています。

まとめ

要点まとめ
  • コンマイはKONAMIを指す蔑称
  • コンマイの元ネタは同社アーケードゲームにおける誤表記
  • その後も懲りずに誤表記を繰り返す
  • 「コンマイ語」「調整中」は遊戯王OCGの適当なルール設定を揶揄する言葉

以上、コンマイの元ネタについてのまとめでした。

 

かなり有名な言葉のため、「コンマイ」を通称として使う方も多くなってきました。

しかし、あくまで元々は蔑称であることを気をつけないと不快に思う方もいるかもしれませんね。

 

 

ちなみに、コナミのアミューズメントパスを用いたゲームでは

プレイヤーネームに「KONMAI(コンマイ)」を使う事が出来ないようになっています。笑

誤表記を気にしているのが読み取れて、ちょっと面白いですよね。


人気ブログランキング