毎日の気になった情報を調査していきます

ケムリクサ律(りつ)の能力や由来の八識は?設定について考察

2019/01/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

たつき監督による新作アニメ、『ケムリクサ』。

独特な世界観を持つ作品でもあり、最初はなかなかキャラクターの名前と顔が一致しないんですよね…

しかし、それぞれの特徴を抑えて見ておけば、幾分かスッキリと頭に入ってくるかと思います。

 

今回は『ケムリクサ』律のキャラクター性について考察していきます。

※本記事は自主制作版を元に書かれたものです。アニメ版で追加の情報が明かされ次第、追記予定です

Sponsored Link

律のプロフィール

名前 律(りつ)
声優 清都ありさ
口癖 ~にゃ
能力 聴力

律の特徴

律の特徴はなんといっても猫耳です。

語尾も相まって完全なる猫キャラとなっています。

前日譚では、陸が耳を触りながら「交換しよう」と言ってたので、取り外し可能なのでしょうか…?

 

ケムリクサの作成や樹の管理といった作業は全て彼女が担当 しています。

姉妹の中でも落ち着いたキャラですが、「私達はモエモエ七姉妹」と自称するなど、どこかおちゃらけたところも持ち合わせています。

また、樹に近づくものには容赦はしないという、怒らせたら怖い一面も。

 

自主制作版だと、アオザイのようなローブを着用していましたが、アニメでは着物のようなデザインに変わってかなり可愛くなりましたね。

Sponsored Link

律の能力

アニメ版

律は猫耳というアイデンティティの通り、聴力に特化した能力を持っています。

その聴力を活かした、圏内の戦況を把握して凛と鳴の戦闘のサポート が律の役割です。

ナビの際には、木の根を這って彼女の耳が具現化します。

喋る際には耳がピョコピョコ動くので、シュールな可愛らしさを演出しています。

自主制作版

自主制作版でも同様に、聴力を活かしたナビゲーションが主な役割。

凛の身体能力にも難なくついてくる上に、常に浮いているため、実態ではなくホログラムなのでは?とも疑われています。

 

本体は樹のそばでナビをしつつ、ホログラムを現場に送っているという訳ですね。

しかし、テレビアニメ版の前日譚では地に足を付けていますし、陸に耳を触られている描写もあります。

設定が変わったのかもしれませんが、ホログラムの線は薄いような気もしますね。

 

ちなみに、樹を守る際には巨大な化け猫のようなものを操っており、こちらが本体説も出ているようです。

化け猫の出現時には、律の下半身が消えており、ホログラム説があながち間違いではないようにも思えますね。

または巨大な化け猫の身体に埋まっているとも考えられますが、それだとポーズも相まってこの人にしか見えません。

まとめ

  • 律は猫キャラ
  • 戦闘のナビが主な役割
  • 聴力に特化している

以上、『ケムリクサ』律のキャラクター性についての考察でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓その他の考察記事はコチラ↓

>>ケムリクサの設定・世界観・登場人物の考察記事まとめ

↓見逃し放送についてはコチラ↓

>>ケムリクサの見逃し放送を無料で視聴できる動画配信サイトは?

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 毎日使えるムダ知識情報の調査局 , 2018 All Rights Reserved.