【山形県両親殺害】柴田広幸の顔画像や高校が特定?妻(嫁)や子供は共犯?

両親を殺害したとして、山形県朝日町に住む柴田広幸(しばたひろゆき)容疑者が逮捕されました。

柴田広幸容疑者の顔画像や高校、そして妻や子供についての調査結果をまとめていきたいと思います。


事件の概要

山形県旭町の無職の柴田広幸容疑者によって、柴田節男さんと妻の幸子さんが殺害された事件です。

柴田夫妻は新聞配達のアルバイトで生計を立てており、節男さんはそれに加えて、週2回タクシーの運転手としても働いていました。

 

広幸容疑者は二人の息子であり、その妻・そして子供二人との計六人で生活していました。

高齢のご両親が家計を支えるために働き、働かない息子一家を養っているという悲惨な状態の中、事件は発生したのです。

殺害された柴田夫妻のことを考えると、いたたまれない気持ちになります。

柴田広幸の顔画像や高校

柴田容疑者の顔写真ですが、逮捕時にはフードを被り、顔は公開されていませんでした。

しかし、過去の写真として、スーツを着た姿や中学の卒業アルバムの写真が公開されています。

高校については特に明かされていませんが、柴田容疑者は生い立ちや家庭環境について供述しているらしく、今後明かされる可能性はあります

犯行動機

柴田容疑者は調べに対して「今は話したくない」と供述を拒んでいます。

しかし、近隣住民のインタビューによると、

母親の幸子さんは「息子は家に閉じこもっていて働く気がない。死んだほうがいい」と周囲に愚痴っていたとのこと。

定年後にも両親がアルバイトで生計を立て、さらに夫の節男さんがローン返済のためにタクシーの運転手としても働いているとあれば、不満を漏らしたくなるのもわかります。

 

しかし、両親と柴田容疑者との対立が今回の事件の大きな要因となっているのは否めません。

普段から子育てをめぐって両親との言い争いもあったとのことで、日頃の不満が爆発してヒートアップし、殺害にいたった可能性は十分にあると言えます。

妻(嫁)や子供は共犯?

28日の午前3時頃には柴田容疑者から両親のバイト先へ「父が病気で倒れ、母も付き添いのためしばらく休ませて欲しい」との連絡の電話があったことが明らかになっています。

つまり、柴田容疑者は遺体の発見を遅らせるための偽装工作を行っていたという訳です。

その場合、同居人である妻、そして子供達はこれについて認識していたと考えるのが自然です。

 

家の中に遺体があれば、明らかに異臭がしますし、柴田夫妻が姿を見せないことも不思議に思うでしょう。

そのため、妻や2人の子供が犯行に協力した可能性はゼロではないと言えます。

もしくは、それすらも気に留めないほど家族仲が冷めきっていたか、ですね。

まとめ

  • 柴田容疑者の過去の顔写真が公開されている
  • 容疑者は日頃から両親との言い争いが耐えなかった
  • 妻や子供が犯行に協力した可能性はゼロではない

以上、柴田広幸容疑者の顔画像や高校、そして妻や子供についての調査結果のまとめでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。