毎日の気になった情報を調査していきます

荒野行動がサービス終了したら課金は返金される?申請方法は?

2018/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

NetEaseが運営する『荒野行動』、『PUBG』を運営するPUBG Corp.に起訴されたことで、サービス終了が危ぶまれています。

やはりサービス終了してしまった場合、ユーザーが最も気になるのは返金についてでしょう。

 

今回は、『荒野行動』がサービス終了してしまった場合、返金は行われるのかという疑問について調査しました。

Sponsored Link

サービス終了時には返金が行われる?

資金決済法に基づく払い戻し

ゲーム内通過、つまり『荒野行動』におけるダイヤは、形式上は仮想通貨として扱われます。

そして、以下の条件を満たすアプリは資金決済法に基づき、その仮想通貨をサービス終了時に返金する義務があります。

  • 仮想通貨の未利用残高の総額が1,000万円以上
  • 仮想通貨の有効期限が180日以上ある

『荒野行動』にも「資金決済法に基づく表示」は存在しており、この義務が適用されるアプリであることがわかります。

払い戻しの注意点

ここでの注意点は、ダイヤの残高に応じて、返金が行われるということです。

つまり、6万円課金して、ゲーム内で3万円分を使用してしまった場合、3万円分しか返金はされない、というわけです。

また、無償・有償の仮想通貨が区別されているゲームでは、無償の通貨は返金対象とならない場合があります。

無償の通貨はユーザーが「購入」したものではないので、返金の義務が発生しないのです。

『荒野行動』でいうところの、ミッションで入手するダイヤなどが当てはまります。

荒野行動の利用規約

荒野行動の利用規約にはこのような記載があります。

こちらは、ダイヤの残高に関わらず、課金額を全額返金する場合についての記載です。

6.2弊社は次に掲げる事項からお客様に応じたあらゆる損害について、弊社の故意又は重大な過失によって応じた場合を除き、一切の責任を負いません。

(iv)弊社の故意または重大な過失によってお客様に損害が応じた場合の賠償は、当該損害発生の直前6ヶ月間に弊社がお客様から受領した利用料の合計額を上限とします。

https://twitter.com/hama__bukuro/status/982172949451976704

まとめると、以下のような結論にいたります。

  • 著作権侵害でサービス終了となった場合、それが重大な過失と判断されたならば、返金される
  • 返金されるのは、サービス終了から、6ヶ月以内の課金額に限る

ここで、問題となるのが、重大な過失であると判断するのは誰なのかということ。

そして、サービス終了が引き伸ばされてしまうと、課金がどんどん無駄になることです。

正直に言って、この形式の返金にはあまり期待ができないでしょう。

Sponsored Link

返金方法は?

本項では、資金決済法に基づく、返金方法について記載します。

※一般的な返金フローについての記載であり、『荒野行動』がこれに従うとは限りません

  1. サービス終了の決定アナウンス
  2. 返金方法が公開される(一般的に入力フォームが用意される)
  3. 必要事項を入力して、期間内に申請をする
  4. 申請時に入力した口座に残高に応じた返金が振り込まれる

他のゲームの払い戻し方法を参照したい方は以下をご参照ください。

日本資金決済業協会の公式サイトには、過去にサービス終了→払い戻しを行ったゲームが一覧で掲載されています。

日本資金決済業協会

https://www.s-kessai.jp/cms/payback/list/

まとめ

  • 荒野行動は資金決済法に基づく返金義務がある
  • ゲーム内通貨(ダイヤ)の残高に応じた返金が行われる
  • 全額返金にはあまり期待できない

以上、『荒野行動』の返金についてのまとめでした。

↓サービス終了の可能性についてはこちら↓

関連記事:荒野行動はサービス終了するの?PUBG裁判の結果はどうなる?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. れお より:

    「サービスが終了するゲームに対してユーザーが課金した金額が無駄になった」のと、網易による「故意又は重大な過失(具体的には荒野行動が起訴されサービスが終了したこと)によってお客様に損害が応じた」との関連性が見いだせないんですが…。

    アイテム課金制度は、ユーザー側が勝手に、ゲーム運営企業へ金銭を支払う行為です。どのようなゲームも、いつかは運営が終了するものですし、その度に返金が行われるとは考えづらいです(本文記事にも同様のことがありますが)。ユーザーが課金しなければ、無駄な損失は生じない訳ですから、「網易という信頼性の低い企業に恣意的な判断で課金行為を行った」側の完全な自己責任です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 毎日使えるムダ知識情報の調査局 , 2018 All Rights Reserved.