毎日の気になった情報を調査していきます

ものすごい肩幅のファッションが外国でトレンド?日本では流行るの?

2018/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

メンズショッピングサイトのMR PORTER.COMがTREND(流行り)として、肩幅が広いファッションを取り上げ、話題となっています。

肩幅が広い=ガタイが良いとして、男性にとっては魅力的な要素ですが、一方であまりにも肩幅が広すぎるのも悩みですね。

しかし、MR PORTERが取り上げているファッションの画像を見ると、異様に肩幅が広いことがうかがえます。

海外の大手ファッションサイトの特集ですから、信憑性は高いと思いたいですが、本当にこんなファッションが流行るのでしょうか…?

今回は、なぜ肩幅ファッションが流行りだしたのか、本当に日本で流行るのか?などを調査していきたいと思います。

Sponsored Link

オーバーサイズファッションの魅力とは?

MR PORTERの記事では、オーバーサイズファッションの魅力が紹介されています。

肩幅が広く見える

確かに肩幅は広く見えますね。

しかし、広くなりすぎではないでしょうか…?

アクセサリーのスケールが大きくなる

帽子などのアクセサリーのスケールが大きくなり、コーディネートの幅が広がります。

(普通にダサいような気がします…)

雑に長く使える

もともとダボダボのサイズなので、太ったり、身体が成長して着れなくなることがありません。

さらに、少し伸びちゃっても全然気になりません!

どんな服の上からでも羽織れる

サイズが大きいため、どんな服の上からでも上着として羽織ることができます。

コートの上から羽織るという上級テクニックも!

形を自由に変えられる

裾を折り曲げたりして、気軽に長さやサイズを変えることができる。

長く使えるという機能性にもつながる点ですね。

まとめ

ファッションとしてのカッコよさよりも、機能性ばかりが魅力として挙げられているのは気のせいでしょうか…

本当に流行るのか不安になる内容です(笑)

なぜオーバーサイズファッションが流行りだしたのか?

キッカケは、Highsnobietyという海外の大手ライフスタイルブログがインスタグラムにアップロードした写真です。

女性のシルエットとは明らかにかけ離れたオーバーサイズの上着を身にまとっている衝撃的な姿はインスタグラムでも一部で話題となりました。

▼Highsnobietyが投稿した写真

https://www.instagram.com/p/BgQaRC3hh0a/?hl=ja&taken-by=highsnobiety

上記の写真は、itsfutureparisというアカウントから引用したと語っており、実際にそのアカウントを見に行くと、膨大な量の肩幅ファッションが投稿されています。

itsfutureparisは3Dイラストやファッション・果てには家具などの幅広い分野を受け持つデザイナーであり、このファッションもそのセンスを発揮したものであると言えます。

itsfutureparisが投稿している写真

https://www.instagram.com/p/BgR5w4mgGnk/?hl=ja&taken-by=itsfutureparis

https://www.instagram.com/p/BgNLxLsA33u/?hl=ja&taken-by=itsfutureparis

Sponsored Link

日本でもオーバーサイズファッションは流行る?

個人的な意見になりますが、流行らないと言えるでしょう。

実際のところ、海外でもitsfutureparis以外では取り上げられておらず、MR PORTERが取り上げたことで、初めて話題性を持ちました。

今後、さらなるファッションサイトが取り上げられ、海外で流行ることで、初めて日本へと輸入されることになると思います。

 

また、オーバーサイズのファッションは着こなしが難しいため、流行る可能性も高くはないでしょう。

2017年には、オーバーサイズファッションの一部である、ガウチョパンツが流行っていましたが、「ダサい」「不格好」といったマイナス意見も多く飛び交っていました。

冒頭でご紹介したMR PORTERの記事内でも「Don’t be shy(恥ずかしがらないで)」と書かれており、あまり褒められたファッションではないことがうかがえます(笑)

まとめ

  • 肩幅ファッションは海外でも一部でしか流行っていない
  • 日本では流行らない

以上、ものすごい肩幅のファッションについてのまとめでした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 毎日使えるムダ知識情報の調査局 , 2018 All Rights Reserved.