【長女やけど虐待】橋本佳歩の顔画像インスタやfacebookが特定!鶴見の前は草加に在住?

2019/03/06 特定されたインスタ・facebookアカウントを追加しました。

 

全身に火傷を負った3歳児を放置したとして、横浜市鶴見区梶山の橋本佳歩容疑者が逮捕されました。

さらに、当の本人は子供を放置してパチンコに行っていたという衝撃の事実が…

今回は橋本佳歩の顔画像やインスタ、また旦那について調査した結果をまとめていきます。


事件の概要

 

事件は5歳の長男が近隣住民に助けを求めたことで発覚しました。

全身に火傷を負った長女を放置され、苦しむ彼女を見た長男は、近所の自動車修理工場で働く男性に助けを求めました。

当日は大雨であり、この寒空の中パジャマ姿でびしょ濡れになりながらも、外に出て必死に大人を探していた訳です。

 

男性に声をかけた際には「お母さんに会いたい」と話かけたとされており、その心細さがうかがえます。

子供二人で家に残された上、妹の肌が焼けただれたまま苦しんでいるという恐ろしい現実を目にして、大人に助けを求めていたのでしょう。

また、事件が発覚した当初は橋本・田中容疑者の二人はパチンコに興じていたとのことで、保護責任者遺棄の疑いで逮捕されています。

 

全身にやけどを負った長女(3)を放置したとして、神奈川県警は5日、母親の横浜市鶴見区梶山、無職橋本佳歩容疑者(22)と、同居する自称運転手田中聡容疑者(21)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。

発表によると、両容疑者は4日正午頃、自宅で、長女が全身に重度のやけどを負っているにもかかわらず、病院に連れて行くなどしないまま放置した疑い。

長女は3か月以上の入院が必要だが、命に別条はないという。

橋本容疑者は「誤ってシャワーで熱湯をかけてしまった」と説明しているといい、県警は、長女がやけどを負った経緯について詳しく調べる。

両容疑者は、橋本容疑者の長男(5)を含む4人暮らし。

4日午後4時55分頃、長男が近所の男性に「ママがいない」と相談し、男性が部屋に入ろうとしたところ長男が渋った。

男性は不審に思って鶴見署に通報し、駆けつけた署員が、上半身にラップをまかれ、布団に横たわっている長女を発見した。

この時、両容疑者は家におらず、その後の調べに対し、正午頃からパチンコに出掛けていたと説明したという。

引用:読売新聞

橋本佳歩の顔画像やインスタ・facebook

 

名前 橋本 佳歩(はしもと かほ)
年齢 22歳
住所 横浜市鶴見区
職業 無職

こちらが現在公開されている橋本容疑者の顔画像です。

かなり整った顔立ちをされていますね、かわいいという評判もあるようです。

Instagramアカウント

橋本容疑者のInstagramアカウントだとされているのがコチラ。

ニュースで公開されていた水着の画像も掲載されています。

さらに投稿を見る限りだと、子供がいながらもクラブ通いをしていたことがわかります。

facebookアカウント

さらに、facebookも特定にいたっています。

Instagramに同様の写真が投稿されており、埼玉県草加市在住となっているため、情報が一致します。

また、プロフィールから大宮中央高等学校に在学していたことも明らかになっています。

 

鶴見の前は草加に住んでいた?

橋本容疑者は今回事件のあった横浜市鶴見に住む以前(2018年5月まで)には、埼玉県草加市に住んでいたと言われています。

鶴見で住んでいたマンションは田中容疑者の名義だったとされ、彼を頼りに移り住んできたと考えられますね。

無職で2児の子持ち、という時点で普通に生活していくのは困難であり、

住む場所に困っていたところを田中容疑者の誘いを受けた or 転がり込んだといったところでしょうか?

 

ちなみに、草加市は橋本一家のことを住まいを不定として、転々とする恐れがあるとして子供二人を「要保護児童」とみなしていたとのこと。

事件以前から、兆候はあったということですね。

旦那は誰?

名前 田中 聡(たなか さとし)
年齢 21歳
住所 横浜市鶴見区
職業 自称運転手

橋本佳歩と同時に逮捕された田中聡容疑者。

一見、彼が旦那かと思いがちですが、同居人・彼氏という報道がされており、旦那ではない可能性が非常に高いです。

しかし、同居しながらも長女の虐待を放置していたことは事実であり、それが原因で逮捕されたと考えられます。

 

さらに、長男が5歳ということは、現在22歳の橋本容疑者は17歳の時点で出産をしている計算になります。

(田中容疑者が父親だった場合、当時16歳という恐ろしい計算に…)

でき婚の後離婚をした、もしくは子供を作るだけ作って結婚はしなかったのかもしれません。

虐待として児童相談所に相談があった?

2018年の11月、橋本容疑者から児童相談所に対して、子どもたちのことを相談していたことが明らかになっています。

その相談は「イライラして娘をたたいてしまう」という虐待を思わせる内容でした。

しかし、家庭を訪問した児童相談所に対して、長女のアザを「長男と喧嘩して出来た」と言うなど、一貫性の無い行動も見られています。

発見された際の長女は標準体重よりも低い数値だったなど、日常的に虐待を行っていた可能性が高まっています。

 

また、橋本容疑者は長女の火傷について「シャワーを浴びた際に間違って熱湯をかけた」と証言をしているようですが、

全治3ヶ月の火傷は意図的に熱湯をかけ続けなければ発生しないでしょう。

こちらの証言からも、両者による虐待の疑いが深まります。

 

さらに、火傷をした長女に対する対応が上半身裸にラップを巻き付けて放置であり、病院に連れて行くなどをしなかったことも言い逃れできない要素です。

そもそもこの寒い中、上半身裸というだけでも虐待だと思うのですが…

全身に全治3ヶ月の火傷というのも、想像しただけでも痛々しいですね。

目の前でその光景を見ていた長男にとっては、非常に凄惨な光景だったと思います。

 

今回の事件に関しては、まさに長男の決死の行動によって救われたと言ってよいでしょう。

兄妹で保護され、第二の人生を歩んで欲しいものです。

まとめ

  • 顔画像は公開されている
  • 長男を17歳で出産している
  • 旦那の所在は不明

以上、橋本佳歩の顔画像やインスタ、また旦那について調査した結果のまとめでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。